M&A業界の業務内容を解説!業界に転職するメリット・デメリット

「M&A業界に転職したいが、業務内容が把握しきれていない」
「やりがいを感じられる仕事をしたい!M&A業界は自分に合っているかな?」

M&Aは会社の売買のことだとぼんやり分かっていても、実際M&A業界でどんな業務が行われているかはイメージがつきづらいですよね。

また、転職後の年収や労働環境も気になると思います。

今回はM&A業界の概要や求められる人材、転職するメリット・デメリットを解説します。

この記事を最後まで読めば、自分が選ぶべきM&A業界や適正、転職のモチベーションが見つけられるでしょう!

1.M&A業界の概要

M&A業界とは、会社の買収・売却に関連する仕事ですが、具体的に3つのジャンルに分類できます。

  1. M&A仲介
  2. FAS
  3. M&Aアドバイザリー

それぞれの具体的な業務内容やスキルについて解説していきます。

(1)M&A仲介

M&A仲介とは、M&Aの際に、買収・売却先の企業の仲介を担当します。

有名なM&A仲介会社は、以下のような企業があります。

  • 日本M&Aセンター
  • M&Aキャピタルパートナーズ
  • ストライク

仲介業のみならず、FASなども総合して行っていますが、主な業務は仲介業です。

買収対象の企業の発掘から、クロージングまで一貫して扱います。

双方の条件にすり合わせを行い、双方の利益を最大化する役割であり、中立的・客観的な目線が求められる仕事です。

経営者との交渉が必要なので、交渉力も必要でしょう。

(2)FAS

FAS(ファイナルシャルアドバイザリーサービス)は、買い手に代わって買収先の企業の調査やM&A後の統合支援を行う仕事です。

有名なFASを取り扱う企業は、以下のような会社があります。

  • PwCアドバイザリー
  • KPMGFAS
  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)

具体的には買い手企業の最終工程であるDD(買収監査)や、企業価値の算定のための株価算定業務、M&A後の統合支援(PMI)を行います。

DD(デュー・ディリジェンス)とは、買収対象の事業にリスクが無いか事前に調査する業務のことです。

DDは様々な観点で行われており、公認会計士・税理士が財務内容が正確かチェックする財務DD・税務DDのほか、弁護士が契約書や過去の取引から訴訟リスクを算定する法務DDなど、多岐にわたります。

買い手に代わり、買収の最終判断のための調査を行うのが役目です。

(3)M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーとは、M&Aを検討している会社にアドバイスを行う仕事です。有名なファームとしては、以下のような物があります。

  • GCA
  • フロンティアマネジメント
  • マクサス・コーポレートアドバイザリー
  • モルガン・スタンレー
  • デロイトトウシュトーマツ

業務内容は多岐に渡り、M&A戦略の立案から、DD、交渉、最終的なPMI(M&A後の経営統合)まで担当します。

売却・買収希望企業のどちらからも依頼を受けることがあり、専門的なノウハウを用いて、経営陣にアドバイスを行う役割です。

案件は大型案件や、海外企業との取引を行うクロスボーダー案件がメインになります。

海外取引も多いため、語学力を必須条件としている企業もあります。

2.M&A業界への転職でどのジャンルを選ぶべきか?

M&A業界への転職でどのジャンルを選ぶべきかを解説します。

  1. M&A仲介に求められる人材
  2. FASに求められる人材
  3. M&Aアドバイザリーに求められる人材

それぞれの業種によって、求められるスキルや素養が違うので、業務内容と合わせて自分の適正をチェックしてみましょう。

1つずつ説明していきます。

(1)M&A仲介に求められる人材

M&A仲介に求められる人材は、以下の2つのスキル・経験を持つ人です。

  1. 営業・銀行や証券会社経験者
  2. 会計知識・資格

自身のキャリアの棚卸しをしながら読んでいきましょう。

#1:営業・銀行や証券会社経験者

M&A仲介に求められる人材は、営業・銀行が証券会社経験者です。

特に経営者層との渉外経験がある人は、アピールポイントになります。

M&A仲介は、売り手と買い手の間に入り、双方の利益を最大化するのが仕事です。

交渉を取りまとめる役割も担うので、交渉力は必須になります。

金融業界での勤務経験がある方、また営業として経営陣クラスと交渉経験がある方は、需要が高いでしょう。

#2:会計知識・資格

M&A仲介に求められる人材は、会計知識・資格保持者です。

案件発掘からM&Aを担当するにあたり、企業の財務情報を理解・整理する必要があるため、会計資格がある人材は需要が高いでしょう。

また、過去のコンサルティングファームを経験しているなど、経営者目線を持っていることもアピールしやすいです。

会計に関する知識や資格は、積極的にアピールしましょう。

(2)FASに求められる人材

FASに求められる人材は以下の通りです。

  1. 会計・税務の知識
  2. 語学力
  3. コンサルティング能力

保有していると有利な資格やスキル、経験について解説します。

#1:会計・税務の知識

FASに求められる人材は、会計・税務の知識を持っている人です。

DDには複数の種類がありますが、中でも財務・税務DDの際には、会計・税務の知識が求められます。

損益計算書や貸借対照表を読めたり、簿外債務のリスク等を判定するには、会計・税務領域の専門性が求められるでしょう。

会計士や税理士資格を持っている場合は、この知識があることが証明しやすく、転職に有利に働きます。

#2:語学力

FASでは語学力も求められます。

クロスボーダー案件を取り扱う企業などでは、有利に働きます。

特に未経験からM&A業界へ転職したい場合、20代で職務経験自体が浅い場合も、語学力は強みになるでしょう。

例えば、BIG4税理士法人では、TOEIC800点以上の英語力が求められます。

英語で交渉ができ、なおかつ専門的な用語の読み書きができる程度の単語力・スピーキングスキルが必要です。

#3:コンサルティング能力

FASではコンサルティング能力も求められます。

買収の最終判断には、経営者目線で買い手にとって有効な取引かを判断する必要があります。

コンサルティングファームでの職務経歴は、買い手の利益を総合的に判断できる素養としてアピールできるでしょう。

(3)M&Aアドバイザリーに求められる人材

M&Aアドバイザリーに求められる人材を説明します。

  1. 財務・税務・会社法などの企業に関する知識
  2. 課題解決能力
  3. コミュニケーション能力

企業買収に関わる総合的な業務に携わる仕事のため、多様なスキルが求められます。

1つずつ説明していきます。

#1:財務・税務・会社法などの企業に関する知識

M&Aアドバイザリーに求められる人材は、財務・税務・会社法などの企業に関する知識です。

会計士・税理士はもちろん、M&Aのスキーム・スケジュールを立てるためには会社法知識が不可欠。

これらのうち、全てを兼ね備えていなくても、コンサル経験がある方は、有利に働くでしょう。

20代などで上記に当たる資格・経験がない場合は、ポテンシャル採用を狙うことになります。

#2:課題解決能力

M&Aアドバイザリーに求められる人材は、課題解決能力がある人です。

売り手・買い手双方のクライアントから相談を受ける仕事であり、M&Aが正しい方法なのかを考えた上で策略を決め、必要に応じてPMIまでを請け負います。

そのためには、現状の課題を見定めて、解決するための方法を導き出す思考力が必要です。

コンサルティングファーム経験者は、この素養があるとみなされやすいためアピールポイントになるでしょう。

#3:コミュニケーション能力

M&Aアドバイザリーに求められる人材は、コミュニケーション能力です。

求人情報では、2年以上の営業経験を必須にしている企業もあります。

業界未経験であっても、営業経験がある場合は積極的にアピールすると良いでしょう。

また、コンサルティングファームや投資銀行等で、経営陣との交渉を経験している人材も需要が高いです。

2.M&A業界へ転職するメリットとデメリット

M&A業界へ転職するメリットとデメリットを紹介します。

  1. メリット
  2. デメリット

転職にあたり、転職後の生活のイメージを作ることは非常に大切です。

いざ転職後にイメージと違う、という事態が起きないように、事前に業界研究をしておきましょう。

それぞれ説明していきます。

(1)メリット

M&A業界に転職するメリットは3つあります。

  • 年収が高い
  • キャリアアップになる
  • 実力主義で努力次第で昇進できる

まずはM&A業界のメリットを解説します。

#1:年収が高い

M&A業界に転職する1つ目のメリットは、年収が高いことです。

有価証券報告書を元に分析すると、大手のM&A仲介会社であるキャピタルパートナーズの平均年収は、2,269万円でした。

またFASの有名企業である、KPMGFASの平均年収は1,242万円、M&Aアドバイザリー企業のGCAの平均年収は、2,062万円です。

日本全体の平均年収は、国税庁の民間給与実態統計調査によると436万円、つまり3〜5倍程度の年収が目指せることが分かります。

M&A業界は給与水準が高く、高年収を目指せるのがメリットです。

#2:キャリアアップになる

M&A業界に転職する2つ目のメリットは、キャリアアップになることです。

会社の買収・売却に携わる仕事のため、税務・会計知識や、会社法への知識、交渉能力が養われます。

特に大手のM&A企業での勤務経験は、能力が高いことの証明となりますし、独立後の信用獲得にもつながるでしょう。

難易度が高い業務な分、その後の独立や転職の際にアピールしやすく、キャリアパスとしても有効です。

#3:実力主義で努力次第で昇進できる

M&A業界に転職する2つ目のメリットは、実力主義で努力次第で昇進できることです。

年功序列ではなく、仕事の結果で判断される側面が強く、頑張り次第では若くしてマネージャーへの昇進も目指せます。

一般企業では勤続年数がまだまだ重視される風潮が強い日本ですが、若くして高いポストが視野に入れられるのはやりがいの面でもメリットと言えるでしょう。

(2)デメリット

M&A業界に転職するデメリットは3つあります。

  • 激務である
  • 求められる条件が高い
  • 常に成果を求められる

メリット自体は多いですが、業務の難易度が高いため、人材の流出も多い職場です。

デメリットを1つずつ説明します。

#1:激務である

M&A業界に転職する1つ目のデメリットは、激務であることです。

特にM&Aアドバイザリーは担当業務の幅が広く、チームで担当することが多いとはいえ、業務量はかなり多いでしょう。

また、業務に付随する知識の習得を同時に行うため、プライベートの時間を削って勉強も必要です。

ライフワークバランスは崩れやすく、体力が求められます。

#2:求められる条件が高い

M&A業界に転職する2つ目のデメリットは、求められる条件が高いことです。

仲介・FAS・M&Aアドバイザリー、どの分野でも、即戦力を求める傾向にあります。

銀行・証券・コンサルティングファーム、ファンドなどでの経験を求められることが多く、一般事業会社等全く未経験業務からの転職は難しい業界です。

転職難易度が非常に高いため、転職エージェントなどを使って対策を行うべきでしょう。

#3:常に成果を求められる

M&A業界に転職する3つ目のデメリットは、常に成果を求められることです。

実力主義で若くして昇進を目指せますが、反面、実力のない人材は切り捨てる風潮があります。

特に外資系のFASなどは非常に成果に厳しく、結果が出ないと退職を勧められることも珍しくありません。

常に結果を求められるのでストレスフルであり、精神的なタフさが必要です。

まとめ

今回は、M&A業界への転職について、職種や概要を解説しました。

M&A業界には3つのジャンルがあり、仕事の内容や求められるスキルが違います。

全体を通して難易度の高い職場ですが、金融関係・コンサルティングファームでの経験がある方、会計士・税理士の資格がある方は、即戦力として需要が高いです。

M&Aは激務ながら年収も高く、キャリアアップが目指せる業界です。

難易度自体はかなり高いので、まずは転職エージェントに相談し、キャリアの棚卸しと対策をしてM&A業界への転職に挑みましょう!

転職活動でこんなお悩みはありませんか?

どこにも取り扱われていない
コンサルティングファームや
ベンチャー企業を探してるんだけど・・・

キャリアプランの設計から
相談に乗ってくれる
エージェントはないのかな・・・

ユニヴィスなら

✓ 数多くの実績から他では取り扱われていない
非公開求人でご提案が可能です。

✓ 候補者様の将来のキャリアプランとの
すり合わせに
基づく将来的な
キャリアプランのご提案
も行います。