M&A業界の面接の志望動機対策はどうする?業界で多い転職理由4選

「M&A業界の面接の志望動機対策が全然進まない」
「何をアピールすれば良いんだろう。皆はどんなことを志望動機として伝えている?」

M&A業界は転職難易度がかなり高い業界であり、志望動機対策も企業が求めるスキルや経験をアピールしながら伝えなければなりません。

しかし、いざ志望動機を考えていくと、何を書いてよいかわからない方も多いでしょう。

今回はM&A業界の面接の志望動機対策とM&A業界への転職理由を解説します。

この記事を読むことでM&A業界の面接対策の知識がつき、志望動機の書き方が分かりますよ!

1.M&A業界の面接の志望動機対策

M&A業界の面接の志望動機対策を、以下のジャンル別に解説します。

  1. M&A仲介(FA)
  2. FAS
  3. M&Aアドバイザリー

業界は同じですが、業務によって志望動機やアピールポイントが違うので、自身のスキルや経験を棚卸してから志望動機対策を行いましょう。

1つずつ説明していきます。

(1)M&A仲介(FA)

M&A仲介(FA)で特に求められるのは、以下の2つのスキルです。

  1. 営業・渉外
  2. 財務の知見・資格

経験や過去の経歴から、志望動機を作成しましょう。

#1:営業・渉外

M&A仲介(FA)で求められるのは、営業・渉外経験です。

企業のTOPと面談し、M&Aの合意を取らなければなりません。

そのため、営業経験や企業の上層部との渉外経験は強みになるでしょう。

銀行や証券会社の法人営業経験がある場合は、強みとしてアピールできます。

#2:財務の知見・資格

M&A仲介(FA)で求められるのは、財務の知見・資格です。

売却先の財務諸表を見て、将来性や価値の判断を行わなければなりません。

会計士資格を持っている、財務関連の仕事をしていた経験から、M&A仲介を志した点をアピールできます。

(2)FAS

PEファンドとは

FASで求められるスキルや経験は以下の3つです。

  1. 税務・財務の知見・資格
  2. 語学力
  3. リサーチスキル

3つのスキルや経験を主軸として、志望動機やアピールポイントを作りましょう。

1つずつ説明していきます。

#1:税務・財務の知見・資格

FASで求められるのは、税務・財務の知見・資格です。

会計士や税理士、簿記の資格などを持っている場合はアピールしましょう。

また、経験として事業会社での経理財務、税務担当をした場合も、職務経歴として重視されます。

#2:語学力

FASで求められるのは、語学力です。

クロスボーダー案件が多いアドバイザリーでは、英語や中国語など、外国語が話せる人材は重宝されます。

もちろん日系の企業であっても、今後海外進出を考えている場合は貴重な戦力としてみてもらえるでしょう。

留学経験がある、過去に海外との取引をしておりビジネス英語に堪能であるなど、伝えられる経験やスキルがあれば面接で答えてください。

TOEIC・TOEFLスコアなど、語学力を示せる指標がある場合はアピールしましょう。

#3:リサーチスキル

FASで求められるのはリサーチスキルです。

事業再生やM&Aに携わる上で、業界・企業の情報収集は欠かせません。

膨大な量の情報から、必要な情報を取捨選択し、論理的に組み立てる必要があります。

面接においても、自身の問題点や悩みを提起し、リサーチの上でM&Aアドバイザリー業務を選んだことが解決の糸口になると説明できると尚よいです。

過去の経歴でコンサル経験がある、金融関係の投資アドバイザリーをしていたなどの経験が役に立つでしょう。

(3)M&Aアドバイザリー

コミュニケーション能力が高い人

M&Aアドバイザリーには、以下2つの経験やスキルが求められます。

  1. コンサルティングスキル
  2. 財務の知見・資格

アドバイザリーを目指す場合は、職歴・経験から以上の2つをアピールしましょう。

1つずつ説明します。

#1:コンサルティングスキル

M&Aアドバイザリーに求められるのは、コンサルティングスキルです。

アドバイザリー業務は、クライアントの利益を最大化にするようアドバイスをする仕事。

コンサルティングファームでの勤務経験などは重視されます。

#2:財務の知見・資格

M&Aアドバイザリーに求められるのは、財務の知見・資格です。

企業のM&Aに立ち合うにあたり、会社の財務状況を正しく判断する必要があります。

会計士の資格や過去に財務に関わる仕事をしていたことはアピールできるでしょう。

2.M&A業界への転職理由

M&A業界への転職理由を4つ紹介します。

  1. 実力主義でキャリアアップできる
  2. 高年収である
  3. M&Aに関する知見を積める
  4. クライアントから感謝されるやりがいを感じたい

転職の志望動機に迷っている方は参考にしてください。

1つずつ説明します。

(1)実力主義でキャリアアップできる

給与規定や評価基準が整っているから

M&A業界の1つ目の転職理由は、実力主義でキャリアアップできることです。

通常の企業のように年功序列ではなく、実力で評価されます。

”UP OR OUT”と言って、昇進できなければ辞めていく人の多い業種です。

ボーナスに成果が反映されるため、頑張りが報酬として、または昇進という形で返ってきます。

「年齢に関係なく頑張りで評価されたい」という点を志望動機に上げる人が多いです。

(2)高年収である

BIG4監査法人でより高い年収を得るための3つのポイント

M&A業界の2つ目の転職理由は、高年収であることです。

案件を解決するごとに、利益がチームに分配され、ボーナスとして返ってきます。

高年収であることは仕事におけるモチベーションです。

「頑張り次第で高年収が期待できる仕事につき、モチベーション高く働いていきたい」など、年収と仕事を絡めて説明すると良いでしょう。

報酬が高いという点は志望動機として伝えて問題ありません。

(3)M&Aに関する知見を積める

M&A業界の3つ目の転職理由は、M&Aに関する知見を積めることです。

専門知識が必要で難しい領域のスキルをつけたい、というモチベーションがアピールできます。

例えば会計士資格を持っている場合、「財務知識を活かしてクライアントにアドバイスをしたいと感じた」というのも志望動機として伝えられるでしょう。

金融機関の職務経験がある方は、「金融機関で働くうちに、クライアントにより近い立場で、企業の成長を助けたいと感じた」という志望動機も良いですね。

自身の資格や知見、経験をM&A業界で学べる知識と絡めて、志望動機を作ってみましょう。

(4)クライアントから感謝されるやりがいを感じたい

BIG4監査法人

M&A業界の4つ目の転職理由は、クライアントから感謝されるやりがいを感じたいことです。

結果を出せば、クライアントから感謝されます。

また、M&A業界のプロジェクト自体の難易度が高いため、完了後は達成感を感じられるでしょう。

「難易度の高い仕事をこなし、やりがいを感じたい(困難な仕事をこなすのがやりがいである)」
「経営者に寄り添い、会社の成長に貢献したい(人の役に立っていると、やりがいを感じる)」

このように、自身のやりがいについて伝えた上で、志望動機を組み立てると良いでしょう。

まとめ

今回はM&A業界の志望動機対策について解説しました。

まずは、M&A業界でも自身が転職を希望している領域で求められるスキルや経験をチェックしましょう。

その上で、M&A業界のメリットをあげて、経歴ややりがいと絡めていくと、志望動機を作りやすくなります。

M&A業界は転職難易度の高い業界なので、志望動機対策は転職エージェントと相談しながら、客観的な目線を加えてください。

志望動機を作り込み、M&A業界への転職を成功させましょう!

転職活動でこんなお悩みはありませんか?

どこにも取り扱われていない
コンサルティングファームや
ベンチャー企業を探してるんだけど・・・

キャリアプランの設計から
相談に乗ってくれる
エージェントはないのかな・・・

ユニヴィスなら

✓ 数多くの実績から他では取り扱われていない
非公開求人でご提案が可能です。

✓ 候補者様の将来のキャリアプランとの
すり合わせに
基づく将来的な
キャリアプランのご提案
も行います。