安定のBIG4系FAS『KPMG FAS』平均年収と年収が高水準の3つの理由

「KPMG FASは年収が高いと聞いたけど本当?」
「他のBIG4系のFASと比べて、KPMG FASの年収はどれくらいなの?」

コンサルティングの分野でキャリアアップ・高収入の仕事を探すなら、必ず選択肢の上位に入ってくるのがBIG4系のFAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)の中でも高収入で知られるKPMG FASです。

KPMG FASは、M&Aを中心にビジネスを展開するBIG4系FAS・独立系FASの中でも年収の高さは最高ランクだと言われており、人気も高くなっています。

そこでここでは、安定のBIG4系FAS『KPMG FAS』の平均年収や、他のBIG4FAS・同業界・異業界との比較、そしてKPMG FASの年収が高い3つの理由について解説していきます。

この記事を読めば、あなたの転職先候補のトップにKPMG FASがランクインするのは間違いないでしょう。

1.KPMG FASの平均年収

打ち合わせの手元

まず、KPMG FASの平均年収について解説します

KPMG FASの平均年収

  1. KPMG FASの平均年収
  2. KPMG FASの役職別平均年収
  3. BIG4 FASとの比較
  4. 同業界・他業界との比較

次に1つずつ見ていきましょう。

(1)KPMG FASの平均年収

KPMG FASの平均年収は1,241万円です。

業務に高度な専門知識が必要で難易度の高い案件を手掛けるため、KPMG FASの年収も揃って高水準となっています。

高収入で知られる他のBig4の平均年収と比べても、KPMG FASの平均年収は高いことで知られています。

ちなみに、国税庁の『令和2年分 民間給与実態統計調査』によると平均給与は433万円なので約2.8倍もの年収となります。

ちなみに、コンサルタント以外のKPMG FASの業務(事務職など)の年収は、一般的な企業の事務職と同レベル(年収400万円程度)となります。

(2)KPMG FASの役職別平均年収

KPMG FASの役職別平均年収はかなり異なります

KPMG FASは、年齢ではなく職位別に給与レンジが決まっているため、同年齢であっても職位によって年収は大幅に変わります

ちなみに、KPMG FASは年俸制であり、年俸の1か月分が毎月支給され、年に1度業績に応じた賞与が支給されます(昇給昇進は年に一度の評価会議で決められます)。

職位平均年収(推定)ボーナス(推定)
アソシエイト600~900万円100~300万円
シニアアソシエイト900~1,500万円400~600万円
マネージャー1,300~1,800万円500万円
ディレクター1,600〜2,200万円不明
パートナー2,000万円〜不明

基本的にKPMG FASの年俸部分は他のBIG4系FASとあまり変わりません。

しかし、ボーナス金額は業績連動制であるため、個人の能力・実績によって年収が大幅に変わるのが特徴です。

口コミでは、ベース部分と同じくらいのボーナスが出たというものもものもあり、頑張り次第では年収大幅アップが期待できる夢のある企業といえるでしょう。

(3)BIG4 FASとの比較

次に、BIG4系FASの平均年収と比較してみましょう。

BIG4とはKPMGコンサルティング・EYストラテジー アンド コンサルティング・デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)・PwCコンサルティング合同会社の世界4大会計事務所のことを指します。

高い知名度と規模を誇るBIG4系のFASの平均年収は総じて高額ですが、その中でも特にKPMG FASの平均年収は高いことで知られています

会社名平均年収(推定)
KPMG FAS1,241万円
EYストラテジー・アンド・コンサルティング1,000〜1,200万円程度
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー1,100万円程度
PwCコンサルティング900万円程度

同じBIG4系のFASの中でも、KPMG FASの平均年収はより魅力的なものとなっています。

(4)同業界・他業界との比較

KPMG FASの平均年収は同業界・他業界と比較してもかなり高いです。

KPMG FASの平均年収は2021年度で1,241万円です。

日本の上場企業の平均年収は612万円、全企業の平均年収は432万円程度と考えると2~3倍程度となっており、かなり年収が高いことがわかります。

以下の順で業界内外で年収を比較していきます。

  1. 同業界の平均年収との比較
  2. 異業界の平均年収との比較

#1:同業界の平均年収との比較

KPMG FASの平均年収は国内の独立系FAS(Big4のグループに属さない国内ファーム)と比較しても高いです。

会社名平均年収(推定)
KPMG FAS1,241万円
株式会社エスネットワークス676万円
山田コンサルティング639万円
株式会社AGSコンサルティング570万円
グローウィン・パートナーズ株式会社454万円

専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)の平均年収が575万円であることと比較しても、KPMG FASはかなり高い年収水準となっています。

FASの年収については、次の記事もご覧ください。

【FAS年収ランキング】企業別・ポジション別の金額を紹介!

#2:異業界の平均年収との比較

次に、異業界の平均年収と比較してみましょう。

業界平均年収(男女平均) ※2021年度
KPMG FAS1,241万円
金融455万円
メーカー455万円
総合商社434万円
IT/通信433万円
建設/プラント/不動産416万円
メディカル410万円
インターネット/広告/メディア405万円
サービス367万円

ちなみに日本全体の平均年収は445万3,314円、「中央値」は396万7,314円 であり、KPMG FASの平均年収は、異業界と比べても3倍以上の高水準であることがわかります。

このように、M&Aアドバイザリー業務を中心にキャリアを積むなら、高年収である上に様々な案件に深くかかわることができるKPMG FASはもってこいです。

2.高年収とスキルアップに最適!KPMG FASの企業概要

(画像出典:https://home.kpmg/jp/ja/home/about/fas.html

次に、KPMG FASの企業概要を解説します。

  1. 主にM&Aを専門とするコンサルティングファーム『KPMG FAS』
  2. KPMG FASの社員数

次に1つずつ見ていきましょう。

(1)主にM&Aを専門とするコンサルティングファーム『KPMG FAS』

KPMG FASは、世界の約150ヵ国超で会計監査、税務、アドバイザリーを3つの柱とする事業を展開する国際会計事務所・KPMGインターナショナルの日本のメンバーファームです。

最大手会計ファームBIG4の1つであることから知名度も信頼度も高く、大手企業や金融機関との強固なネットワークを構築しているのが大きな特徴です。

KPMG FASの業務は、

  • M&A・ポストディールサポート
  • 企業再生
  • 経営コンサルティング
  • 不正・不祥事調査・予防
  • その他サービス  など

その中でも特に力を入れているのがM&Aです。

会計・財務に加え、業界や市場など幅広い分野の高度な知識を活用して、M&Aの戦略立案段階から契約締結後のPMIまでワンストップのサービスとクライアントの徹底したサポートを実施していることからも評価が高いです。

事実、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)傘下Refinitiv(リフィニティブ)発表の『2020年第1四半期 M&A市場リーグテーブル(日本企業関連 中規模市場 公表案件)』で第6位、『2020年・2021年日本M&Aレビューファイナンシャルアドバイザー 』の「M&Aアドバイザリー 日本におけるランキング・案件数」でも第4位にランクインしています。

各分野のスペシャリストが集結し、豊富なノウハウと実績、そして高いサービスで国内トップクラスのFASとして信頼されています。

会社名株式会社KPMG FAS
所在地東京都千代田区大手町1丁目9番5号
大手町フィナンシャルシティ ノースタワー
代表者代表取締役パートナー 知野雅彦
代表取締役パートナー 松下 修
代表取締役パートナー 岡田 光
設立2001年9月
資本金9,450万円
公式HPhttps://home.kpmg/jp/ja/home/about/fas.html

(2)KPMG FASの社員数

KPMG FASの社員数は646名 (2022年2月現在)です。

手掛ける案件数・規模と比べると少人数といえますが、一騎当千、社員一人ひとりの能力が高いのが大きな特徴です。

12の主要業種ごとにインダストリアル・グループ体制を構築し、チームメンバーは様々な分野のスペシャリストで編成、それぞれの業種に必要な情報や知見を集約し、クライアントに最適な提案を行っています。

このように、少数精鋭だからこそ、幅広く様々な案件に関われるのもKPMG FASの大きな魅力の1つです。

クライアント企業の長期的なビジネスパートナーとして信頼されるKPMG FASは、様々なスキル・経験・実績を積むには最適なコンサルティングファームといえるでしょう。

3.なぜKPMG FASの年収は高水準なのか?3つの理由

最後に、KPMG FASの年収が同業界やBIG4と比べて高いのか、その理由について説明します

KPMG FASの年収が同業界やBIG4と比べて高い理由

  1. 業績連動のボーナスが高いから
  2. ハイレベルな知識・スキルを求められるから
  3. 基本的に激務であるから

コンサルティングファームの中でも年収が高いKPMG FASですが、当然それには理由があります。

次に1つずつ解説していきます。

(1)業績連動のボーナスが高いから

KPMG FASの年収が高い1つ目の理由は、業績連動のボーナス金額が他社よりも高いからです。

もともとFAS自体、平均年収は30歳前後で700〜900万円と給与のベースが高く、KPMG FASもベース部分は他のBIG4系FASとさほど変わりません

しかし、KPMG FASは会社の業績が良ければかなり高額なボーナスが支給されるシステムとなっているため、役職のないアソシエイト・シニアアソシエイトでも業績次第で年収は驚くほど高くなることもあります。

口コミでは、部署・会社の業績がアップすれば、ベース年俸と同レベルのボーナスが出るという話も。

また、ポジションが上がるほどボーナスの幅が広がるため、自分のスキル・能力を最大限活用し、それに見合った高収入を得たい人には最適なFASといえるでしょう。

(2)ハイレベルな知識・スキルを求められるから

KPMG FASの年収が高い2つ目の理由は、ハイレベルな知識・スキルを求められるからです。

FASでは、会計や財務だけでなく、クライアントの業種に必要な最新の情報や専門知識が必要となります

そのため、在籍しているのは公認会計士・税理士などの資格を有する方だけでなく、銀行マンなど常に第一線で活躍してきた方ばかりです。

特に、業種ごとにチームを編成してクライアントに最適な提案をすることを徹底しているKPMG FASでは、必然的に個々の社員に求められる知識・スキル等は高くなり、それに比例してベース部分の給与も高額となります。

(3)基本的に激務であるから

KPMG FASの年収が高い3つ目の理由は、基本的に激務であるからです。

基本的にFAS業界そのものが激務で知られています。

その上、企業の今後を大きく左右するシーンでのサポートを行うKPMG FASは、抜群の知名度と豊富な実績、高い評価で需要が高く、引く手あまたとなっています。

しかし、在籍している社員数は手掛けている案件数・規模と比べると少ないため、その分野のプロフェッショナル・スペシャリストである社員の仕事は必然的に激務に。

実際、口コミによるとBIG4系のFASの中でKPMG FASの残業時間は多く、平均残業時間は72.4時間/月とかなり多いです。

KPMG FASは、BIG4系FASの中でも高収入ですが、それに見合うだけの労働・能力が求められることは予め理解しておいたほうがよいでしょう。

まとめ

KPMG FASは、クライアント企業の長期的なビジネスパートナーとして信頼され、市場でも高く評価されている優良企業です。

高度な専門知識が必要かつ難易度も高い上、社会的需要も高いことから、高額な報酬・高年収を得られる魅力的な企業でもあります。

ただし、その分、業務に求められる能力・専門性は高く、業務もハード。

しかし、高水準の年収に加え、幅広い案件を経験できるのは、グローバルで活躍するKPMG FASだからこそ。

高収入・キャリアアップに最適なコンサルティングファームKPMG FASで活躍しましょう。

年収800万円以上を狙うなら

「今の仕事より100万円以上年収をアップしたい。」

「より希少性の高いポストについてキャリアを築きたい。」

そんなあなたには、ハイクラス求人に特化した転職エージェント『ユニヴィスエージェント』がおすすめです!

ユニヴィスエージェントでは、M&AやFAS、ファンド、監査法人など、多数の非公開求人をご紹介可能です。

専任アドバイザーによるサポートが充実しており、年収100万円以上アップした事例も多数あります。

まずは一度、無料のキャリア相談へお申込みください!