CFO / ACCOUNTING / MANAGEMENT PLAN CFO・経理・経営企画

業務内容/具体的なテーマ

CFO(Chief Financial Officer)は、最高財務責任者を指し財務戦略の立案・執行を行う企業財務部門の責任代表者である。
CFOの主な業務内容としては、財務戦略の立案・執行、資金調達、内部統制構築、監査法人・証券会社等の渉外などが挙げられる。
経理部門では、企業の経営において最も重要とも言える利益を生み出すために財務の管理をすることが主な業務とされている。具体的には、日常的な売上の管理、給与・保険の管理、税金計算、決算書作成がある。
経営計画部門では、企業の目標やそのためのステップとして戦略立案を行い、実際戦略を実施する際の管理を主に担当する。経営戦略を実行する上で、競合他社・自社や市場のリサーチ・分析を行う。

現在の課題

現在、日本企業には海外子会社などとのコミュニケーションを通してグローバルな対応をすることが求められており、CFOという名称も浸透している。
海外企業では、CEO、CFO、COOの3つのクラスから成り立つ経営体制を導入していることが多い一方日本企業では、合議型の体制をとることが多い。そのため、最高財務責任者でるCFOが戦略立案やリスク管理などの多大な期待を担わなければならない状況がある。
CFOのみならず、経理部門や経営企画における業務は企業の経営を左右するため、いかなる企業にもニーズが存在する。


CFO・経理・経営計画で得られる経験

CFO・経理・経営計画は、自社の経営状況や他社の現状分析などを行い経営戦略を練ったり、それを実際に実行したりすることがあるめ、経営陣的視点から企業を把握する視野が得られる。
また、主な業務内容が会計・財務の専門的知識を有することが多いだけでなく、それらの知識を活かして資本コスト管理やリスク管理などを行う柔軟なスキルが求められる。
さらに、資金調達として金融機関や投資家などの社外の人間と密にコミュニケーションを撮るため、日常的にコミュニケーションスキルを磨くことができる。


プロジェクト例

CFO・経理・経営企画の具体的なプロジェクト例は以下の通りです。

  • ・ 資金調達
  • ・経営戦略/財務戦略の立案・執行
  • ・企業経営
  • ・リスクマネジメント
  • ・財務管理
  • ・上場のための内部統制(上場前)

採用動向

CFOは、企業財務の最高責任者という重要度の高いポジションであり、企業にとってニーズが高い存在である一方で、CFOに必要なスキルを持つ人材は多くはなく希少価値なのだ。
また、経理・経営計画部門に関しても、専門的な知識を有し、かつ経営を左右する重要なポジションであるためベンチャー企業やスタートアップをはじめとして様々な企業が採用を行っている。


選考内容

CFO・経理・経営計画の選考内容としては、一般的に今までの経験や持っている資格を記入する職務経歴書などの書類選考の他に、Web試験、面接などがある。
特にCFOは企業の中でも高い立場であるため、企業によって選考内容は異なる。
例えば、CFOの面接選考では役員陣との面接や英語での面接などがあり、彼らとの相性が選考においては鍵となる。また、どの企業も今までの経験・スキルを見て今後企業にとってどのような活躍ができるかどうかを重視していると言える。


合否を分けるポイント

CFO・経理は、企業の中でも特に財務に特化したポジションであるため財務に関する専門的知識を備えていることは前提となる。特に、株式や銀行と交渉し資金を調達することがCFOの主な業務であるため、人脈や過去の経歴キャリアが重視される。
また、社内の人間のみならず社外の人間とも密にコミュニケーションをとる必要があるため、高いコミュニケーション力も求められる。
経営計画部門においても、企業を全体的に俯瞰できる能力が重視されるためこれまでの経歴やハイレベルな経営関連知識が必要だ。


キャリアについて

CFO・経理・経営企画で一定の経験を積んだ後は、以下のようなキャリアプランが考えられる。

【CFO】
・他の企業のCFO
・起業

【経理】
・税理士法人
・監査法人
・他企業の経理部門
・経営企画部門

【経営計画】
・戦略コンサルタント
・VC
・他企業の経営企画部門

企業において、財務・経理の知識に留まらず経営陣的視点を持つなど幅広い分野での経験があるCFO・経理・経営計画はニーズが高いと言えます。そのため、以上のような選択肢が考えられるでしょう。


転職事例

CFO

[30代]
大手製造業財務担当 → 製造業ベンチャーCFO
(650万円 → 800万円 + ストックオプション5%)


[40代]
外資系生産財メーカー コントローラー → 外資系 電気・電子製品メーカー CFO
(1,350万円 → 1,350万円)


経理

[40代]
不動産会社 経理 → ウェブメディア事業会社 経理
(800万円 → 840万円)


経営計画

[30代]
コンサルティングファーム → 経営企画(新規事業企画)
(700万円 → 800万円)


主要CFOの出身者

NEC 代表取締役執行役員社長兼CEO 森田隆

1983年NEC入社、2008年執行役員就任後2018年に代表取締役執行役員副社長兼CFO就任。
その後2021年代表取締宅執行役員社長兼CEO就任。


ソニーグループ株式会社取締役代表執行役会長兼社長CEO 吉田憲一郎

1983年ソニー株式会社入社。2005年代表取締役社長就任後、2013年に同社執行役CFOを務めた。
2021年時点では、ソニーグループ株式会社会社取締役代表執行役会長兼社長CEOを務める。


年収

経理部門は、スタッフクラスで300〜450万円、リーダークラスで500〜700万円、専門性の高い領域を担当する場合は600〜900万円が平均年収と言われている。経理部門は専門性が高いと言われる管理職なので、年齢、業務内容、ポジションによっても年収が変わると言える。
大企業CFOは、1,500〜5,000万円と平均的に高額な年収が、ベンチャー企業などにおけるCFOの年収は800〜2,000万円が相場である。
ベンチャー企業で入社時の年収が少ない場合は、ストックオプションが付与されるケースが多い。
経営企画部門では、20代〜30代であれば500〜600万円、その他40代以降や企業計画の経験があるひとは800〜1,000万円が平均年収と言われている。
企業規模や担当する業務内容によってレンジは異なるものの、一般的には上述の額が年収の平均を言われている。


労働環境/働き方について

経理部門とって、決算の対応をしなければならない3月〜5月にかけてや社会保険・労働保険などの申込み期限がある7月が特に繁忙期と言える。さらに、年末調整などの業務が集中する12月〜1月にも多忙なスケジュールの日々が続くだろう。
経営計画部門は、中期経営計画立案時期や予算案作成時期が特に忙しくなる傾向がある。
繁忙期のみならず閑散期においても経営戦略を練ったり執行したりする必要があるCFOは、いつ何時業務をこなさなければならない状況に陥るかが予測できない。そのため常に繁忙期が続くと言える。さらに、会社の重要なポジションを担う必要があるため、精神的な負担が多いこともあるかもしれない。


まずは無料でキャリア相談をする

キャリア相談(無料)