メンバー

主要メンバープロフィール

代表パートナー

渡邉 広康 公認会計士 | 税理士

一橋大学商学部を卒業後、有限責任監査法人トーマツ(Deloitte Tohmatsu)に入社。
その後株式会社リヴァンプに従事した後、株式会社ユニヴィスコンサルティングの代表取締役に就任。
UNIVISでは、中堅・中小企業のM&A仲介・アドバイザリーを中心に、多数のM&A関連業務(デューデリジェンス業務、株式価値算定業務を含む)を行っている。


代表パートナー

森 陽平 公認会計士 | 税理士

立教大学経済学部を卒業後、有限責任あずさ監査法人に入社。その後、国内有力ベンチャー企業にて財務・経理の最高実務責任者としてIPO準備に従事した後、株式会社ユニヴィスコンサルティング(UNIVIS)の取締役に就任。UNIVISでは、主に企業価値算定、デューデリジェンス、M&Aにおけるソーシングを担当し、金融機関、ファンド、買い手企業候補等と多数のネットワークを構築している。


US代表パートナー

小林 賢介 公認会計士 | 米国公認会計士

早稲田大学政治経済学部を卒業後、 有限責任監査法人トーマツのグローバルサービスグループ部門に入所。2015年8月よりDeloitte NYに駐在。その後、ニューヨークにてUNIVIS AMERICA LLC(Univis US)を立ち上げ、同所長に就任。Univis USでは、アメリカに進出している日系企業向け会計・税務サービスを中心に、監査その他保証業務、内部統制構築支援、決算早期化支援、税務申告サポート等を行っている。


パートナー

田中大貴

早稲田大学商学部卒。ナンヤン工科大学ビジネス・スクールEMBA在学中。
MAVIS PARTNERS株式会社 代表取締役社長、一般社団法人ポストM&A研究会 代表理事、グロービス経営大学院及びグロービス・エグゼクティブ・スクール講師を兼任。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ジェネックスパートナーズ、ベイカレント・コンサルティング等を経て現職。M&A戦略策定、ポストM&A支援、M&A知見化が専門。プロジェクト成果の再現性と確実性に重きを置き、クライアントとの「共創型プロジェクト」を手掛ける。
著書「トップコンサルタントが明かす ポストM&A成功44の鉄則」(日経BP)


顧問

細窪 政

1989年日本アセアン投資(現日本アジア投資、略称JAIC)入社。以来、日本、東南アジア、中国、米国などのベンチャー投資実務に従事し、海外駐在経験は、マニラ4年、シンガポール3年、北京1年3か月。2012年にJAIC社長に就任し、経営再建を主導。特に債務削減・事業再編・人材補強に注力し、二期連続黒字達成を機に2017年社長及び取締役を退任。2017年グレートアジアキャピタル&コンサルティング合同会社を設立。2018年に弊社顧問に就任している。


 

中村 誠人 公認会計士

慶應義塾大学商学部を卒業後、有限責任監査法人トーマツ(Deloitte Tohmatsu)で会計監査に従事し、東証一部上場企業からベンチャー企業まで、幅広い業種・規模の企業を担当。ユニヴィスグループ入社後は、上場を見据えたベンチャー企業への常駐型上場支援コンサルティングに従事し、日常の経理財務業務から上場準備書類の作成支援まで、経理財務業務全般を行っている。


 

坂上 太一 公認会計士

会計コンサルティング会社、PwCあらた有限責任監査法人にて、主に金融機関の監査、会計コンサルティング業務に従事。ユニヴィスグループに入社後は、上場金融機関、上場事業会社にて会計コンサルティング業務、事業計画策定業務などを行っている。


弁護士事務所パートナー

矢吹 邦太郎 弁護士

中央大学法学部を卒業後、アンダーソン・毛利・友常法律事務所に入所し、3年間にわたってIT・ベンチャー・フィンテック関連業務、M&A関連業務(デューデリジェンス業務、契約交渉)、不動産関連業務、ファイナンス業務を中心に法務アドバイザリーを様々な企業に提供。その後UNIVIS法律事務所を設立して、同様の業務を行なっている。


 

君野 匠 公認会計士 | 税理士

慶応大学経済学部卒業後、有限責任監査法人トーマツ(Deloitte Tohmatsu)に入社。その後、プラムフィールドアドバイザリー株式会社の代表取締役に就任した後、ユニヴィスグループに参画し、各種コンサルティング業務に従事している。